引越 あいさつ

サイトマップ

引越しの挨拶は、しないほうが良いこともあります。特に一人暮らしをしている女性は、わざわざそうであることを言って回る必要はありません。それはある意味危険な行為です。ただし、女子寮的な所では、友だちをつくる意味でもしておいたほうが良いでしょう。それ以外でも変な雰囲気の場所や、口げんかが絶えず聞こえるような所では注意が必要です。丁寧に訪ねて行っても邪険に扱われたりもします。このように、挨拶すると危険な目に遭うこともあるので、すべきかどうかはしっかりと考えて下さい。

いつも留守にしている人への挨拶は、書き置きと品物をドアノブなどにかけて残しておけばいいでしょう。無理に直接会う必要はありません。ただし、新聞などが溜まっているところは、そこに戻ってきていない場合があります。でそういう時は何もしなくても構いません。手紙は、引っ越してきたことを知らせるだけでいいので、長々書かず手短にまとめましょう。

引っ越していく時とくるときでは、挨拶の範囲が違います。まず新居の方は、両隣とマンションなどならプラス上下階にしておきましょう。ただ決まりはなく、左右だけ、またはすべての部屋にする人もいるでしょう。そして旧居では、両隣と今までお世話になった人たちにしましょう。また、どちらの場合も大家さんが居るなら挨拶しておきましょう。何件にするかを決めておけば、必要な品数も把握出来ますね。ついでに情報を集めたい場合には、広く回ることをおすすめします。

引越し業者のサービスには極希に、ご近所への挨拶をしてくれるというものがあります。それを利用すると、簡単に済ませることができるので便利です。大体、左右とマンション等ならプラス上下にしてくれます。人付き合いなどが苦手な人は使うと良いでしょう。しかし、された方は有り難みも何もありませんので注意して下さい。また結構お金がかかる場合もありますので、確認しておきましょう。最近は物騒なので、防犯の意味でもこれはひとつの選択です。しかし、前述のようにそういうサービスをする所自体が少なく、探す手間などを考えると自分でする方をおすすめします。


「引越のあいさつ」について

引越のあいさつについて。

Copyright © 引越のあいさつ. All rights reserved