地震が原因の火災とその補償

火災保険商品は、保険会社ごとに補償内容も補償範囲も異なるものです。そのため、加入する際には各社を比較検討する必要があります。自分が望む補償をしてくれる保険を探していかなければなりません。

ドラム
多くの火災保険では、補償の対象外となるケースがあります。火災の原因となるものによっては、保険金を受け取れないことがあるのです。

 
一般的な火災保険の場合、対象となるのは建物や家財です。火災事故や自然災害による火災が保険対象となりますが、対象外となるものもあり、別に地震保険に加入するか特約を付加しなくてはなりません。火災保険に加入した後で、補償されないものを特約として追加契約する人は増えています。

 
保険が別に存在しているのは、火災保険ではカバーしきれないことだからです。日本は地震の頻度が多く、火災するリスクが高い国となっています。そのため、セットで加入することを勧められることが多いのです。

 
ただし、保険会社によっては火災保険のみで少額の保険金がもらえるケースもあります。火災保険金額の5%程度と少ない金額ですが、そうした保険を検討してみるのもいいです。

 
賃貸住宅の人は火災保険だけで十分です。しかし、マイホームを持っている人の場合は、追加加入を検討した方が無難です。

コメントは受け付けていません。