保険金を請求と更新時の保険料

火災保険へ加入されている契約者本人が、火災保険契約を解除することは可能です。さらに、さまざまなケースによっては火災保険会社から、契約解除される場合もあります。火災保険の契約を解除した場合に、契約者本人に払い戻される解約払戻金というものが支払われます。

フルート
火災保険の解約払戻金は、支払った保険の料金の合計金額にならないです。ほとんどの場合、支払った保険金額を下回る解約払戻金になります。短期間での火災保険解除となれば、解約払戻金さえ支払われないことがあります。できるだけ、契約で定めた期間内は火災保険に加入し続けることが望ましいです。さらに、保険会社によって解約払戻金が請求できる期間であるかどうかも異なってきますので、解約する場合には解約払戻金が支払われる期間内にします。

 
住宅を購入して、火災保険に加入する際に長期の保険がお得だと勧められますが、きちんと支払っていけるのかどうかも考慮した上で判断します。万が一のことを想定して、短期の保険契約を結んだ方がお得になる場合もあります。

 
火災保険を更新する際は事務手数料とその月の保険料を支払うだけですので、事務手数料と保険の料金の確認をします。一般的には更新時に支払う保険金額と毎月支払う保険金額は変わりませんから、高額になるということはありません。

コメントは受け付けていません。