契約後の補償内容変更について

損害保険の一つに火災保険という商品があります。住宅を守るための保険で、万が一のことが起きた場合に、様々な補償をしてくれる内容となっています。保険会社によって商品の種類や補償の内容が異なるため、よく比較検討する必要があるのです。

 
火災保険の場合、多くは年払いで保険料を納めることが多いです。そのため、補償内容を変更したいと思ったとしても、更新の時期を待つ人がたくさんいます。しかし、保険会社によっては、契約後に補償する範囲や対象などを変更することができる場合があるのです。

 
ただし、早めに対応してもらうためにも、すぐに連絡をした方がいいです。火災などの災害は、突然遭遇するものです。変更したいと思ったら、すぐに契約先の保険会社へ連絡をして、変更手続きを進めるようにするのがいいです。

 
保険会社によっては、一度解約をしてから、再契約を結ぶという手段しか選べない場合もあります。新規契約をして、補償してほしい内容のプランを選択するという方法です。対応方法は色々ですので、今契約している保険の保険証券を参考に、補償の内容を改めて確認してみるのがいいです。

 
途中変更可能な場合は、差額の保険料を追加徴収されることもあります。逆に、解約払戻金が発生することもあり得ます。

コメントは受け付けていません。